Just another WordPress site

店長は敷居が高い

飲食求人で店長は敷居が高い

飲食求人には店長になることが出来る内容の募集があります。これは普通に募集探しをするだけでも様々な会社やお店において募集を簡単に見つけることが出来ますが、応募して採用を狙うことは敷居が高いです。やはり、そのお店において経営を任されることになるので、経営から経験まで様々な能力を求められることになるので、全くの素人が採用されるという事はほぼありません。そのため、もし飲食店の求人において店長募集へ応募して採用を狙うならば、しっかりと準備をしてから応募したいところです。どのくらい採用を狙うことが難しいのか、これは本当にそのお店によります。特にブランド力が高い会社やお店になると、そこでしっかりと下積みをしてさらには料理まで作ることが出来なければなることが出来ないこともあります。逆にチェーン店など、店舗数が全国にたくさんあるような会社の場合はそれだけ応募出来る枠があることから敷居が割と低くなるケースもありえます。

経営という点を除いて考えると、やはり飲食店を理解しており、実務経験を持っていることはとても大事です。コレは別にアルバイトでも構わないと言えます。また、採用率をアップするのであれば、やはり調理師の免許は取得しておく方が良いです。これがあると、応募先によっては店長兼料理長という立場で働くことも出来ますし、将来を見据えた場合は自分でお店を開業してそこのオーナーになるという選択肢も出てくるので、この資格は持っておいても損はありませんし、そもそもお店を任せられる為には持っていることがスタートラインとなってくる会社もあります。経営という点だけはアルバイトだけではなかなか難しいものがあり、今までの仕事でお店の経営に関わる仕事をしている方がやはり有利になってくるので、これを意識して将来に店長になるために今の仕事を選ぶという選択も大事になってきます。

店長の飲食求人は応募要項を満たすことが出来るのであれば、ハローワークや飲食の求人サイトなど、本当に様々なところで募集を見つけて応募していくことが出来ます。どちらかと言うと上記で紹介したように募集を見つけることよりも採用を勝ち取ることの方が圧倒的に難易度が高いので、本当にお店を任せてもらいたいならしっかりとそれに向けて自分の実力を身に着けることが大事です。少し中長期な計画となるものの、一歩づつ計画を進めていくことが何気に一番最短なルートとなってきます。